遅咲きの狂い咲き

アクセスカウンタ

zoom RSS 笑いと歓声に包まれた夢の宴

<<   作成日時 : 2009/06/25 07:00   >>

トラックバック 1 / コメント 2

I always knew looking back on my tears would bring me laughter, but I never knew looking back on my laughter would make me cry. What a SAD night it was... Hey beautiful friends, it's your fault...

最後の授業があった金曜日、MBA生徒主催によるEnd of The Termのパーティーが行われた。普通では入れないガーデン付きの大屋敷を借りきって、生バンド演奏のダンスパーティーやら生徒による一年を総括する出し物やら満載の、それは大掛かりなイベントだ。
画像


ギリギリまで出席を迷う生徒もいたくらいOxford MBAの期末は忙しく、徹夜続きの学生もいるくらいだが、一年間の締めくくりのイベントとして無理してでも出席する価値のある、最高の夜になった。

で、事の経緯は割愛するが、日本人4人で芸をやることになった。正確には3チームによるパフォーマンス大会だったのだが、いくら忙しいとはいえ、日本人チームとしては圧倒的に完膚なきまでの笑いをとって場を支配しなければならないという強い思いで臨んだ。課題で忙しいのに集まって練習し、しかも結構なお金まで使って・・・。
画像


単なる芸と言うなかれ。MBAでの1年が終わり、みんな寂しい思いに包まれている中での最後のイベントなのだ(実際には9月にもう一度正式なパーティーがあるはずだが)。パーティーの担当チームが多くの時間を使って、アンケートをもとにしたイベントがあったり、過去1年の映像を取り集めて作成したショートムービーがあったりと、遊びも勉強も本気でやるというOxfordの気合がこもったイベントなのだ。
画像


テストが終わればプロジェクトで各国にみんな散ってしまう。存在感を出すには最後のチャンス。当然に日本人として笑いで負けちゃいけないという使命感もある。そんな中でのイベント参加。直前までもっといい案はないかと議論は真剣そのもの。
画像


そして本番。音がよく聞こえなかったり、練習する時間もほぼなかったので自分たちの理想からはほど遠いパフォーマンスだったのだが、無我夢中でやって、気がついたらものすごい歓声につつまれていた。みんな立ち上がってすごい拍手の嵐だった。
画像


・・・と、こんな硬い文章で書くとなんか立派な芸をやったように見えるが、実際はいたってくだらないパフォーマンス(笑)

でも、2分間の間で、会場を巻き込んだ大合唱と、日本風なシュールな寸劇(?)と、早着替えによるサプライズと、一転してお笑い系ダンスと、最後にジャニーズばり(?)のアクロバットに決めポーズと、まあ2分間のパッケージとしてはたぶん最高の仕上がりだったのじゃないかと思う。
(やってって言われたの1週間前だから、上出来も上出来)
画像


他の日本人の名誉のために映像も画像も出さないけど、終わった後初めてビデオを見たら、会場のものすごい爆笑と歓声が収録されていて、正直驚いたし、ちょっと感動した。無我夢中で当日はよくわかんなかったし。
画像


終わった後にトイレで着替えているとき、勝ちに行って完勝できたという喜びがこみあげてきて、4人で抱き合って喜んだ。MBA生活のひとつのハイライト。

その後、会う人会う人に絶賛される。気持ち良くないわけがない。彼らの中に僕らの記憶が強く残ったんだとしたら、MBAの最後としてこれ以上の財産はないだろう。
画像


なんかこんなことばかり書いていると、パフォーマンスだけで日本人が目立っていると思われるかもしれないけど、誤解を解いておこう。

例えば、当日は生徒のアンケートをもとにした○○な人ランキング的なものをベースに表彰されるというイベントが行われたのだが、実はBest Group Memberにノミネートされたのは半分は日本人だったし、最多得票を得たのも日本人だった。当然だろうと思うくらい、みんな頑張って勉強していたし、それ以上に周りに貢献しようという思いというか、日本の代表としての責任感というか、とにかく強く持って臨んでいたように思う。

パフォーマンスしかできない日本人、ではなく、勉強だけじゃない日本人、を示すのが最後のパフォーマンスだったわけだ。ある意味英語があんまりできないコンプレックスの裏返しかもしれないけれど、ありとあらゆるところで日本人の存在感を示そうとするのは健康的な反骨心だと思っている。

(別に普段日本人同士で集まってばかりということはまったくないし、それどころか他のアジア人に比べるとはるかに社交的だと思うし)
画像


まあ自分たちのパフォーマンスのインパクトが強すぎたので今回はそればかりのエントリーになってしまったが、パーティー全体が笑いと拍手に包まれた素晴らしいもので、この忙しい中でこのパーティーを企画したチームにはほんと頭が下がる。

(それにしても、最後はダンスで終わるという欧米式のパーティーってほんと楽しいよなぁ。。。日本でもそんなのができるといいんだけど。。。)

素晴らしい友達に恵まれた、ほんと幸せな1年だったなと思わせてくれる、楽しいパーティーだった。残りの期間、少しでもみんなと楽しい時間を共有できたらいいなと思う。

(その前に悪夢のような期末の課題を終わらせないと!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
卒業・・・Oxfordを去る日
とうとう終わった。終わってしまった。いまGatwick発の飛行機の中で、Oxford MBA最後の日々を振り返っている。笑いと涙、歓喜と誓い。。。ああ、なんて素晴らしい日々だったんだろう。 ...続きを見る
遅咲きの狂い咲き (Oxford MBA...
2009/09/19 10:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり画像も動画も出さないんですね(笑)
もったいなーい♩
cotton
URL
2009/06/26 04:06
まあ会社派遣で来ている人を窮地に立たせるわけにもいかないので(笑)
僕を知っている人が見れば特定可能でも、とりあえず匿名ブログでやっているしね。。。
AK
2009/06/26 05:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
笑いと歓声に包まれた夢の宴 遅咲きの狂い咲き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる