遅咲きの狂い咲き

アクセスカウンタ

zoom RSS MBAのある人生 〜学位授与式@Oxford

<<   作成日時 : 2011/03/07 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7年ほど前に会社の先輩にMBAのメリットを聞いたとき、「私費なら回収はできないが、お金のことはどうでもいい。MBAのある人生とない人生、どっちが欲しいか、それだけだ」と言われ、妙に納得した。そして、今回の渡英で感じた「MBAのある人生」の幸せ・・・。

学位授与式(Degree Day)のために1.5年ぶりにLondon & Oxfordを現地3泊の強行軍で訪れた。MBAを卒業してからの初めてのUK。Londonにいる旧友たちとの久しぶりの再会。テンションがあがらないはずがない。

画像


なぜ今頃学位授与式?と考えても仕方ない。MBAのイベントではなくOxford Universityとしてのセレモニー。ラテン語で進行されるまるで宗教の儀式のようなDegree Day。Oxfordの800年の伝統の上を歩いているのだ。伝統に質問はそぐわない。

画像


Londonに着いた翌日、Notting HillのPubでMBAの同期と久しぶりの再会を果たした。また、日程が人によって違うので他のMBA生の誰とも会わないであろうと思っていた学位授与式でも、たまたまその日に学位を受ける2人の同級生と一緒に出席できた。まだ卒業して1.5年、見た目には大きな変化はないのは当然だが、それぞれのその後の人生を聞くのはとても刺激的だった。

驚いたのは、MBAのネットワーク、あるいはOxfordのネットワークを活かして仕事をしている友人が多かったことだ。

在学中に全員が行った起業プランを作るプロジェクト。その時のメンバーと一緒に起業した話には驚いた。「MBAの人脈なんて旅行に行った時に泊めてくれるくらいのものでしょ」と思っていた自分。。。

Oxfordに残って起業した友人もたくさんいた。聞けば、MBAの友人ではなく、Oxfordにいる様々な学部の優秀な人間とチームを組んで起業したのだとか。考えてみればOxfordには各種分野のイギリスの頭脳が揃っているのだ、MBA以外のメンバーを仲間に入れればビジネスの幅も広がろう。このあたり、独立系のビジネススクールとは違う、OxfordでMBAをとる最大のメリットかもしれない。

画像


実は昨年、とある友人にロンドンで一緒に起業をしようと誘われ、結局自分は行かずに別の日本人(MBAの後輩女性)を紹介したという話がある。彼女は実に活き活きとロンドンで仕事をしていた。僕の同級のMBA生とも仕事で関わることもあるようだ。CambridgeのMBAの知人もそこの会社におり、共通の友人の話で盛り上がる。

画像



他にもあげたらキリがないが、今回、人のつながりをものすごく感じることが多かった。
「この人とこの人がリアルにつながっているの??」
「そのビジネスをやっているなら僕の友人を紹介するから会ってみたらいいよ」
日本の中ならともかく、僕自身が英国でこんな発言をたくさん、想像以上にたくさんすることになるとは思わなかった。

たしかに、僕がイギリスにいた足跡が、そこにはあった。

別に、自分が元の会社に戻って働いていることには後悔はない。ただ、そうすることが前提になっていたことで、当時見えなかったことがたくさんあったことに気付いた。日本人が現地でそのまま仕事するのは難しいよねという発想も僕の中にはあった。もちろん簡単ではないのは十分わかっているが、少し自分を小さい型にはめ過ぎていたのかもしれない。

MBAのある人生。実は豊饒な世界がそこに待っているのか。これから、なのか。

今回感じた、友人との手触りのある繋がり。その繋がりを太くも細くもするのは、自分の心持ち次第。

画像


最後にひとつ、嬉しくて涙が出た話。

Oxfordでの最後の一週間。Yo!Sushiという不味い回転すしで日本人同士で飲んでいた時、突然「NPO二枚目の名刺」の構想ができあがった。よっぽどワクワクしたのだろう、何人かの友人にその構想を話したらしい。

ただ、そんな話をしたことも忘れていたし、だいたいCommon RoomかPubの片隅で話した話など、覚えている方が不思議なくらいだ。

だが、たくさんの友人がその話を覚えていた。覚えていたどころか、「その後二枚目の名刺はどうなった?」と向こうから聞かれた。しかも1人だけじゃなく。

僕が話したことが、こんな風に友人の記憶の中に残っていたこと。気にかけていてくれたこと。こんな嬉しいことがあろうか。
社会起業に興味がある人間が多いOxfordのMBA。二枚目の名刺の活動について、みんなとても熱心に聞き、応援してくれた。

たくさんの刺激。たくさんの感動。

Oxfordに行って、心からよかったと思う。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
MBAのある人生 〜学位授与式@Oxford 遅咲きの狂い咲き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる