遅咲きの狂い咲き

アクセスカウンタ

zoom RSS Beatlesを君に −その2−

<<   作成日時 : 2010/11/28 14:05   >>

トラックバック 1 / コメント 0

Beatlesを君に。全10曲のうち3,4曲目。

I'm Down (1965)

5枚目のアルバム「Help!」と同時期にレコーディングされたシングル「Help!」のB面に収録されたPaulの曲。

Help!というアルバムは、それまでの奇跡のロックンロールバンドとしてのBeatlesと、アーティスティックな世界に傾倒していく次作以降の端境期にある、ややフォーカスを欠いたアルバムだと思う。Georgeが使うワウペダルやPaulがアルバム全般で披露するエレクトリックピアノのアレンジも、どこか中途半端だ。一方で、中途半端なアレンジがなされていない曲、つまりYou've Got To Hide Your Love Awayや、I've Just Seen A Face、そして名曲Yeasterdayなど、素晴らしい曲もある。

そんななか、Help!と同時期にレコーディングされたのがこの曲。

Paulと言えばシンプルで甘いバラードのイメージが強いが、Paulが本気でロックンロールを歌ったらものすごいことになるという好例が、カバー曲のLong Tall Sallyとこの曲、I'm Downだ。Twist And ShoutなどJohnが歌うロックンロールもすごいが、Paulの弾けぶり、のたうちまわり度(?)は時にJohnを超える。頭のてっぺんを突き抜けて行く高音のシャウトはPaulならでは。

Johnが低い声で"Down…"とあわせるコーラスや、間奏でJohnがでたらめに弾くオルガン、Georgeの突き刺すようなギターソロと、パワフルなロックンロールナンバーに必要な要素が揃っている。ライブの最後を締めるにふさわしいような、最高に楽しい1曲だ。

余談だが、この曲がレコーディングされた日は、同じ日にI've Just Seen A Faceを録音し、そのあとにこの曲、そして散々シャウトした後、そのままYesterdayを録音している。まったくタイプの違う3曲を一日で録音しきったPaul、恐るべしだ。まさに天才。





You Won't See Me (1965)

6枚目のアルバム「Rubber Soul」の3曲目に出てくるPaulの曲。

Rubber Soulは、7枚目以降のアルバムと比べればじっくりとレコーディングに時間を使えたわけではないものの、初めてアルバムが「シングル+その他の埋め合わせの曲」ではなく、アルバムそのものを1つのアートとして捉え始めた、そしてBeatles自身がライブで演奏することを前提としないで曲作りを始めた、最初のアルバムだ。

色々な意見があるかもしれないが、Beatlesをベスト盤以外で聴いたことが無い人に初めてBeatlesのオリジナルアルバムを勧めるなら、迷わずこのアルバムだ。アクは強くないが、Beatlesのアーティスティックな部分が存分に詰まっている。そしてJohnとPaulの両方の魅力が詰まっているバランスのよいアルバムでもある。これぞBeatles、の1枚だ。

JohnのNorwegian Wood、 Nowhere Man、 Girl、 In My Life、 そしてPaulのMichelle、Drive My Car。Rubber Soulの名曲をあげたらキリがないなかで、このYou Won't See Meというどこまでも極上なコマーシャルソングは、そっと名曲の間に入っている。この曲自身が名曲かどうかはわからない。でも、Rubber Soulにはなくてはならないと思わせる、ファルセットのハーモニーがとても美しい曲だ。

録音日がRubber Soulの中で最後であることを見ると、曲数の埋め合わせの為にPaulが「やっつけ」で作った曲なのだろう。ただ、こんなやっつけで作った曲、あるいはJohn自らが一番嫌いな曲と公言しているRun For Your Life、Georgeの書いたIf I Needed Someoneなど、ベスト盤には入ってこないが皆すばらしい曲だ。そしてこれらの曲が、このRubber Soulというアルバムには欠かせないと思わせるところが、この頃のBeatlesの凄みなのではないかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ アウトレット
Beatlesを君に −その2− 遅咲きの狂い咲き/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ アウトレット
2013/07/06 14:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Beatlesを君に −その2− 遅咲きの狂い咲き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる