遅咲きの狂い咲き

アクセスカウンタ

zoom RSS Reading FestivalでRadioheadを観て来たよ!

<<   作成日時 : 2009/09/08 07:01   >>

トラックバック 1 / コメント 2

もう先週の話になってしまうが、Oxfordから30分の街Reading(レディング。リーディングとは読まない)で行われているロックフェスのReading Festivalに行って来た。3日間開催のうちの最終日に、Oxford出身のバンド、Radioheadを見るために。

Reading Fesは前身のジャズフェスティバルがReadingで行われるようになった1971年から続く巨大なイベント。3日間でのべ20万人以上が1か所に集まる。Londonからも30分くらいで行けるので都市型フェスと言われる一方で、広大なキャンプサイトに宿泊者のテントが立ち並ぶ野外フェスでもある。

1日目・2日目の方が観たいバンドがたくさんあったのだが、唯一選ぶとしたらRadioheadは外せないかなと、3日目だけ参戦してきた。

最初のバンドが見れないくらいに遅れて行ったのでスムーズに入れるかなと思いきや、そこはイギリス、長蛇の列。。。数100人がまるでディズニーランドのビッグサンダーマウンテンかと思うくらい長蛇の列を作っているのに、チケットを確認する人が2人しかいない(!)ので、もう全然前に進まない(それでも文句も言わずに並ぶのがイギリス流・・・)

結局みようと思っていたTitus AndronicusとThe XXを見逃して、やっとの思いで広大な会場へ。ひたすらテントの脇を抜け、やっと物販エリアに到着しても、まだまだステージのあるエリアには到着せず。食事だけではなくて古着屋などのお店もたくさん出ていて、すごいにぎわい。移動遊園地まで来ている。野外なので人が大量に移動すると砂煙がひどくて靴やジーンズはあっとう間に色がかわる。雨が降ったら大変なことになるらしい。

野外なのだけれどもフジロックのようにステージ間が離れているのではなく、1か所に集まっているので隣のステージの音がかなり聞こえ、さすがにどうかと思う。しかも音が小さいんだな。。。小さいテントならともかく、メインステージだと大声あげなくても隣の人と話せるくらい(笑)

6つあるステージのうち、Main StageとNME Stageを行ったり来たり。他のフェスと違って小さいステージは本当に小さく、無名バンドばかりなので、観客の数はこの2つに極端に偏っている。

僕が見たバンドは、The Living End、The View、Passion Pit、Vampire Weekend、The Gaslight Anthem、Yeah Yeah Yeahs,、Bloc Party、そしてRadiohead。

The Viewは前にOxfordで見た時は酷評したのだけれど、大きなステージで多少テンポを落として演奏していたので前よりはマシだった。まあ観客が楽しそうにしているのでフェスっぽくていいか、と。

今回とっても期待していたのがPassion Pitなんだけど、これがよかった!もしPassion Pitを全然知らないのであれば、この曲は要チェック!2009年最重要バンド。

割とユーフォリックな曲が多いのでゆらゆらと揺れる感じで楽しむのかなって思ってたら、会場中すごく盛り上がっててびっくりした。

全部の曲をファルセットで歌うという特殊なバンドで、当日はちょっと声量がなかったというかマイクが小さかったというかで声が聞こえにくかったんだけど、それでもとっても楽しかったわ。

Vampire Weekendはやっぱりいいわー。観客の盛り上がりはイマイチだったのだが(Blurの前座のときのほうがまだよかった・・・)、やっぱりすごく少ない音数で小気味よく奏でられるサウンドがホント素敵。夏っぽい歌が多いのでホントは8月のフェスには最適なのだが、当日は長袖3枚着ても寒いくらいだったので、ちょっと雰囲気にはマッチしなかったかな。(長袖2枚で行ったのだが耐えられなくなり古着屋でジャージを購入。。。たぶん気温は10度台前半・・・8月なのに!)

The Gaslight Anthemはどうでもよかった。シングルの曲はまあまあいいかなと思っていたのだが、実際に生で聞いてみたら声が好きじゃなかったし雰囲気も華がなかった。ですぐにYeah Yeah Yeahsへ。

こっちはよかったなー。今年の曲のZeroもとってもクールで踊れる感じだったし、完全にブチぎれた歌い方しているDate With The Nightとかもうヤバい。こんな狂った歌い方する女性シンガーなかなかいないと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=qj4tz5ShMhg
(埋め込み禁止だけどぜひクリックしてみてほしいわ)

で、Bloc Party。こっちはちょっと失敗したな〜。大好きだし2年前にサマソニで見た時にとってもライブがよかったので前の方にいったら、もう尋常じゃない圧力(笑)
イギリス人背が高いからステージはもちろんスクリーンも見えず、もうほんと辛くってライブどころじゃなかった。BlurとかOasisの時は全然圧力がなかったから前の方でも楽しめたんだけど、ちょっと会場のサイズに比べて観客を詰め込みすぎなのかも、Reading。

そしてお待ちかねのRadiohead!後ろの方に下がり、スピーカーの前に陣取り(音が小さいので)、準備万端で臨んで、酔いに酔ってきましたよ!

セットリストはこちら。なんと1曲目にCreep!

1. Creep
2. The National Anthem
3. 15 Step
4. There There
5. All I Need
6. Nude
7. 2+2=5
8. The Gloaming
9. Climbing Up The Walls
10. Street Spirit (Fade Out)
11. Reckoner
12. Karma Police
13. Weird Fishes/Arpeggi
14. Just
15. Idioteque
16. Exit Music (For A Film)
17. Bodysnatchers
Encore:
18. You and Whose Army?
19. Lucky
20. These Are My Twisted Words
21. Jigsaw Falling Into Place
22. Paranoid Android
23. Everything In Its Right Place


There Thereで3人でドラム叩いてつくる神秘的な世界とか、2+2=5の静から動に移っていく力強さだとか、Street Spiritのアコースティックで美しい旋律とか。CD聞いた時点でなんでこんな音を作れるんだろう思うけど、それを再現できてしまっているのがホントすごいな、このひとたち。Karma Policeは一緒に歌って気持よかったし、Weird Fishes/Arpeggiのギターはホント心地よかった。

なんかうまいこと表現できないけど、Radioheadはもうexceptionalなバンドというか、Artisticな曲でここまで大勢の観客を酔わせることができない数少ないバンドだなぁと、しみじみ実感したわ。

Radioheadを始めて知ったのはOK Computerが流行っている頃だったのだが、当時はRage Against The Machineとか聞いてたころで、地味だな〜、何で人気があるんだろうって、あんまりよくわかんなかったんだよね。大人になったのかな(笑)

最後に、当日のライブ映像を。
Reckoner。
美しかった。
BBCで放送されたのもupされていたもののすぐ消されちゃったので、ハンドカメラの映像(にしてはクオリティはよいです)。
(こちらではフェスの映像は生放送されるのよ。。。日本ではありえないよね)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー
Reading FestivalでRadioheadを観て来たよ! 遅咲きの狂い咲き/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー
2013/07/04 03:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Creepでスタートなんて、想像しただけで鳥肌が立ちそう。
個人的には"No Surprises"なんかもスキなんですけど、ライブには合わないか・・・。
tomokolea
URL
2009/09/11 10:12
tomokoleaさん

No Surprisesは僕も大好きです!聞ければよかったんだけどね。
だいたい固定の曲としょっちゅう入れ替わる曲があって、No Surprisesは年前半のライブでは時々やっていたようだから、やらないことはないと思うな。
No Surprisesはイギリスではしょっちゅう音楽番組でPVが流れています。
よく考えるとRadioheadではこの曲だけかもってくらい。
人気曲なのかな?
AK
2009/09/12 04:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Reading FestivalでRadioheadを観て来たよ! 遅咲きの狂い咲き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる