遅咲きの狂い咲き

アクセスカウンタ

zoom RSS 団塊ジュニアの悪夢/やはり日本は沈むのか・・・

<<   作成日時 : 2009/07/09 06:07   >>

トラックバック 4 / コメント 6

三菱総研とNHKが共同で調査した35歳を対象とした1万人アンケートなるものが発表されていた。35歳以下の方には相当怖い内容なので、覚悟してみてくださいな。。。

35歳の実態 〜35歳1万人調査より〜

以下、結果の抜粋
・独身の割合は10年で10%増(男性約5割、女性約4割)
・未婚の理由は「収入が少ないから」(男性)
・35歳時点での子供の人数は10年前の1.46から0.86に低下
・平均所得は10年で「100万円以上低下」し世帯年収500万円以下が約5割
・非正規雇用は10年で3.6%→9.9%(男性)、18.0%→28.3%


怖くない?
たった10年でこれだけの悪化よ?

「自分は勝ち組だから・・・」なんて思っている人も他人事じゃないよ。怖いのは現在の絶対水準ではなくて急速に悪化しているトレンドの話だもの。

団塊ジュニア世代は人口が多いわけで、いわば今後の経済の担い手なわけだし、その子供世代も団塊ジュニアのジュニア世代として30年後に日本経済を担う世代にならなくちゃいけないわけだ。

それがこの結果を見る限り、安心して働き、家庭を作り、子供を持ているような社会にはまるでなっていないどころか、この10年で恐ろしいスピードで悪化していることがわかる。上の要約以外のアンケートも見てもらえれば、解雇や収入に不安を抱き、将来への失望と下流意識が拡大していることがわかる。

少子化はどんどん拡大するので、将来は確実に福祉コストが増大を続ける。実質的な所得水準は下がり続け、ますます結婚・子供を持てる社会からは遠のく。そしてさらなる少子化が進み。。。気がついたら勝ち組だと思っていた人も所得税が最高税率60%、消費税20%みたいな世界がやってきて1億総貧乏みたいな話になるかもしれない。働けど働けどわが暮らし。。。みたいな。

男女共同参画社会、あるいは老人が働きやすい社会への取り組みを進めないと、この悪循環は加速するばかり。最後の答えは移民を受け入れるという道しかないのかもしれない。

アニメ博物館とか作っている時間とお金があったらやれることはたくさんあるように思うけど、逃げきれる老人連中に政治を任せている限りはこの世代間格差の悪化トレンドは止まらないんだろうな。。。

とりあえず選挙に行って、政策も政党もどうでもいいから、1歳でも若い人に投票するみたいなムーブメントでも起きれば多少は世代間格差も縮小するかしら?・・・マジでそうしようかな。

だって多くの人ってその時の世論をベースに自民か民主かって選んでいる人が多いわけでしょ?候補者一人一人の政策を吟味して投票してますって胸を張って言える人ってどれくらいいるのかな?当選した後も自分が投票した議員がどんな活動をしているか知っているなんて人ってあまりいないでしょ?

どうせそんな程度だったら、とにかく選挙に行く、そして候補者の中で一番若い人に投票する、という行動さえ続けていれば少なくとも既得権益ではなくって未来の日本のことを考えてくれる政治家が少しずつ増えるんじゃないかな?こうあるべきという議論をいくらしたってそれに興味を持ってくれる政治家がいなければ世の中変わらないもの。

うん、たった今思いつきで書いたけれど(笑)、これを投票の指針にすることを宣言します!

選挙、行こうぜ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【告知&お願い】NHKで私が支援しているBlastbeatという社会事業が紹介されます
7月15日(水)のNHK「チェンジメーカー」という番組でBlastbeat(ブラストビート)というアイルランド発の社会事業の取り組みが紹介されます。私がOxford MBAのプロジェクトの一環で全社戦略のコンサルティングを請け負っている事業です。画期的な社会事業で現在4カ国にて展開中、日本への進出も視野に入れており、是非皆様からの意見やサポートを頂きたく、まずは本Blogに目を通して頂けると幸いです。 ...続きを見る
遅咲きの狂い咲き (Oxford MBA...
2009/07/10 10:34
認知症,認知症治療,痴呆,アルツハイマー,老人,老人認知症,若年認知症
認知症いわゆる認知症治療はいままで痴呆といわれていました。アルツハイマーも認知症の一種です。老人がなる老人認知症以外に若年認知症もあります。 ...続きを見る
認知症「痴呆」の治療法
2009/08/13 20:55
この半年で最も読まれたエントリー
ちょうど半年前に「過去1年で最もよく読まれたエントリー」を列挙したので、今回は半年たったところで一度振り返ってみる(2月にブログを始めたのでちょうど2〜7月が「上半期決算」ですな)。この半年はその前の1年よりもたくさん書いたしね。 ...続きを見る
遅咲きの狂い咲き (Oxford MBA...
2009/08/15 03:01
移民が日本経済の「答え」にならない理由
少子高齢化がもたらす日本の社会経済への負のインパクトを語った際に、「最後は移民政策でもとらない限り・・・」と、深く考えずに書いたことがある。その前提は「社会的にはマイナスだが経済的にはプラス」という漠然としたものだった。でも本当に「経済的にはプラス」という前提は正しいのだろうか?ちょっと頭の体操的に考えてみたし、意見ももらいたいところ。 ...続きを見る
遅咲きの狂い咲き (Oxford MBA...
2009/08/27 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
これも私向けに書きました?(笑) って違うか。
私も選挙に行こう!って去年決意したのに、全然総選挙しないので萎えてます。

ところで、これ(↓)なんですが、
>三菱総研とNHKが共同で調査した35歳を対象とした1万人アンケートなるものが発表されていた。
NHKスペシャルでこの結果を基にした「35歳を救え」というドキュメンタリーをやっていたらしく、こちらで見れます(↓)。
(って書いたらスパム判定された。 Googleで「35歳を救え」を動画検索してください)
変なアプリケーションのダウンロードが必要です。

これについて記事書こうっかなー、と思いつつ、なんか海外にいると書きにくいなあ、と思ったり。
la dolce vita
URL
2009/07/09 21:48
ははは、まあ意識して書いてますよ(笑)
この手のトピックを、何らか客観的なデータを持ってきて論ずるタイプの話は好きそうだし(笑)、僕と同い年でずばりターゲットの世代だし、ということもあるし。

もともとはNHKの番組だってことは知ってたんですけど、海外でも見れるんですね。後で見てみます。ありがとうございます。

海外にいてももうすぐ帰る予定の僕は臆面もなく話題にしやすいですけどね(笑)
AK
2009/07/09 22:00
昨日の東京都議選では民主党が圧勝して若手の候補者が結構たくさん当選したようで。このブログを読んで、若い都民が群れをなして選挙に行ったに違いない・・・
いよいよ8月末に総選挙がみたいなんで日本国民がどのような決断を下すのか楽しみっすね。仰るとおり若手候補者がたくさん当選して少しは明るそうな未来を感じたいものです。
Kikuchi
URL
2009/07/13 14:44
ははは、さすがにこのBlog読んで投票に行く人がいるわけないけど、まあ1人でもいたら書き手としてはうれしいよね。投票率、今回は高かったみたいだし。

まあ自民党も民主党も若い人受けする政策を打ち出しているわけでは全然ないので、総選挙は民主支持というよりも自民非支持の力で民主が圧勝するんでしょうね。民主の方が自民よりひどいと思うけど、一度政権交代して色々と考えなおす機会を国民に与えてくれた方が長期的にはいいことのように思います。
AK
2009/07/13 19:43
世襲制限するよりも、日本国民の年齢分布と国会議員の年齢分布をリンクさせる仕組みの方が、日本の未来が明るくなると思う。

なんてつぶやきをtwitterで投げてみた。年齢分布リンク制度の方がよっぽどcriticalじゃなかろうかと。経験の多寡で重み付け指数を導入しても面白いんじゃないかなー。
Kikuchi
URL
2009/07/14 12:18
年齢リンクはおもしろいね。でもそうするとなんだかんだで政治家は高齢者ばかり、みたいな(笑)
世代別に1票の格差を是正するのもありかもね。
AK
2009/07/14 17:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
団塊ジュニアの悪夢/やはり日本は沈むのか・・・ 遅咲きの狂い咲き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる